ABCにっき(司法試験受験ブログ)

司法試験合格を目指している受験生のブログです。2019年予備試験合格

カテゴリ: 予備試験・司法試験

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集


iPad学習についての質問に答えています。
関連した質問、ありがとうございます!
(参照:司法試験・予備試験とiPad活用術


年末で慌ただしくしているため、回答頻度に難ありです。


1.自分でスキャンするのはかなり大変?

IMG_0924


たしかに、iPad学習のハードルに感じられることとして、自力でPDFファイルを用意することがあります。
スキャン作業に時間がかかるように思われるかもしれません。


が、個人的には、そこまで問題にならないように思っています。
伊藤塾のテキストの多くは、1枚ずつに切り離すことが用意で、切り離すことさえできれば、簡単にスキャンが可能です。
たとえば基礎マスターと問題研究をスキャンするとして、1枚切り離すのにせいぜい1秒ほどしかかからないことを考えると、おおよそ5,000頁2,500枚を切り離すこととなっても1時間もかかりません。
スキャンの作業自体はスキャナーに切り離した書類を突っ込んでおけばよいだけのものですし、特に高速スキャナーを用いればものの数分で全スキャン作業が終わると思います。
要は(高速)スキャナーを用意できるかどうかが問題なのですが、大学やローにはどこかに利用できるものがあると思うので、探してみることをオススメします。


しかし、格安で使用できる(高速)スキャナーがない場合は、ご指摘いただいた作業時間というよりは、その費用がネックになってしまうように思います。
かなり勉強が楽になるので、個人的には数万円出してでも環境を用意する価値があると考えていますが、あらためて以下の記事等を参照して、そのメリットを考えてみるとよいと思います。
(参照:司法試験・予備試験とiPad活用術
主たるメリットの持ち運びの簡便さと編集の容易さは、いずれも工夫次第でアナログにでも実現可能なものなので、予算を再度考えて、どちらがよいか検討することをオススメします。


iPadを利用しての充実した学習ができることを願っています!










にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.マイナー論点が増え、難しくなる過渡期?

IMG_0808
IMG_0809


いずれも同意しません(というより、いずれもあまり興味がありません)。


どの年の問題も、今まで正面から考えたことがない問題意識が根本にあるように思います。
それを論文式試験の解答として書いたときに、偶然もとより用意していた論点と重なる部分が大きいように感じるか否かに、特段の意味があるようには思いません。


また、問題が簡単だと思った年がそもそもなく、完全解と言いうる答案を書けた年もほとんど存在しません。
なので、問題の難易度の変動を感じたことがあまりありません(そこまでの評価眼がありません)。
そして、採点自体が相対評価によるものなので、問題の難易度が高いことにより合格の難易度が大きく変わることもないような気がします。


とはいえ、過去問の集積もあり出題済みの範囲が増えてきたことで、今まであまり出題されていない分野が出題されるようになってきたという傾向はあるのかもしれません。
また、受験生の対策のレベル(受験生のレベル?は知りません)が上がってきており、それに合わせて問題の難易度が上がっているということもありえるのかもしれません。
たとえば、平成20年代前半には総会決議取消訴訟とあわせて仮処分を検討する答案はあまりない(ぶんせき本等参照)一方、今ではあたり前の受験テクニックになっている、というようなことです。









にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.条文の見出しと現場での対応

IMG_0737


ただでさえ少なくない暗記事項がある中で、わざわざ条文の見出しを暗記しにかかることが合理的なことは、まずないと思います。
そもそも、論文式試験本番は司法試験六法・予備試験用六法が配布されるため、そこを見ればわかることは基本的には暗記する必要がないはずです。
(参照:司法試験・予備試験六法の入手と利用

条文番号だけでなく、とありますが、条文番号も、現場で引きづらいものを除いては、わざわざ時間をかけて暗記する必要はないように思います。
重要な条文は学習をしている間にだいたいの場所を覚えるのがふつうで、そうでなかったとしても法律の基本的な構造を理解していれば現場で探し出すことができるためです。
(なお、現場で引きづらいものとしては、たとえば事業の一部の譲渡の会社法467条1項2号、詐害的分割の際の請求の会社法759条4項、重過失致死傷の刑法210条後段のような、意識しておかないと検討ごと落としてしまいそうなところを想定しています)


IMG_0736


とはいいつつ、試験本番でも条文の見出しを見ることはありました。
具体的には、会社法の組織再編の手続に関する条文を探すときはよく条文の見出しを見ていました。
それぞれの条文が長く、複雑なので、条文を読んでいくよりも見出しを見ていく方が探すのが簡単だったためです。
そのほかにも、その場ではじめて論文式試験で書くことになったような制度については、見出しを見ながら、その概要を確認するようにしていました。









にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.判例百選スピード攻略講座の受け方

IMG_0718

とても嬉しいです、ぜひお役立てください!
紹介記事はこちらです。
(参照:アガルートの判例百選スピード攻略講座の特徴・使い方・オススメできる人

判例百選スピード攻略講座の圧倒的に強いところは、上の記事でも触れていますが、判例知識を、最強講師の答案で学べることにあります。
答案で判例知識をどのように利用するかについて、深い理解が得られるのです。
そのため、学習にあたっては、答案でどのように表現をするか、という点をしつこく追求してみてください。
適宜手持ちの論証集にも有用な表現を書き加える等、貪欲に点数に繋がる答案作りを目指していきましょう。


2.タブレット端末の容量等

IMG_0720

iPad学習についての質問はいつでも歓迎です!


以前も触れているため、参照してみてください。
(参照:質問回答(旧司の利用・勉強場所・iPadの利用)

10.2インチくらいのサイズの128GBのものを使っていますが、あまり不便に思ったことはありません。
最新のものではなく型落ちのものでも十分便利なので、オススメです。
ぜひお使いください〜〜!



3.

IMG_0721

基本書の記事を読んでくださり、ありがとうございます!
(参照:基本7法で辞書的に使っていた基本書(質問箱回答)


身の回りで基本行政法を使っている方があまりおらず(というより知らず)、ぼんやり見てきたのですが、たしかに良いな、と思いました。
初学者の通読用にも使いうるし、いい参考書だと思います。








にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.第2クールから答練を受講する

IMG_0706

予備校の論文答練は、受験年の前年の10月から12月までの第1クールと、受験年の1月から3月(2月から4月)の第2クールからなるものが多い気がします。
公式には、第1クールと第2クールの内容の連続性については触れられていないため、途中からの受講になってもまったく問題がないと思います。


予備試験であれば、第2クールの終了時期が短答の対策に集中したい時期になることが気になりえますし、予備スタ論は第1クールと第2クールの形式が微妙に異なります。
(参照:論文答練は取るべき?比較・おすすめ(司法試験・予備試験)
注意が必要であるとすればそのあたりですが、自分が同じ立場であれば特に悩むことなく第2クールから受講をする気がしています。


2.予備校答練の過去問を扱う

IMG_0707

収集能力がすごい!


予備校答練と演習書の性格の違いに注意が必要です。
(参照:論文答練は取るべき?比較・おすすめ(司法試験・予備試験)
詳しくは上記リンク先を参照してもらうとして、予備試験段階で気になっていたのは、演習書だと予備試験スケールないしそれより少しコンパクトな題材があまりなかったことです。
そのため、予備試験形式の問題演習のために予備校答練の過去問は有用であったように思いました。


とはいえ、予備校答練の過去問は、分野等の網羅性がまったく保証されていません。
そのため、分野や論点の網羅性が確保された他の参考書を合わせて使うことが必要です。
具体的には、日頃の演習素材の利用を継続することや、それこそ演習書を併用することが求められると思います。



ところで、おそらくこのツイートへの応答だと思うのですが、私自身であれば、答練の過去問もやるし、演習書もやると思います。
確実に消化できることを最優先に考えつつも、貪欲に演習量を積めるようにできることを願っています。







にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.ナンバリングについて

IMG_0708

論文答案の書き方については、その重要性が注目されるものの、各論的な話は意外と触れられないことが多いイメージがあります。
ナンバリングや答案構成は、その最たる例な気がします。


ナンバリングのコツは、あらかじめナンバリングの自分ルールを決めておくことと、慣れるまでは丁寧に答案構成をすること、のちに加筆することをそこまで気にしないことにあると思います。


ナンバリングの自分ルールを決めておくとは、誰もに共通しそうな基本的なこと(第1→1→⑴→ア→(ア)→...の順にナンバリングを振るといったようなこと)のほかに、自分が答案を書くときに気をつける流れを用意しておくことを指します。
(なお、誰もに共通しそうな基本的なことは、法を学ぶ人のための文章作法 第2版でかなりわかりやすく触れられているため、一読することをオススメします)

私が気をつけていたのは、同階層のナンバリングが振られている内容が並列になっていることと、1つの階層で1つの内容を解決することです。
具体的には、次のような構造を意識することです。
1 ●条に当たるか
⑴要件Aを満たす
⑵要件Bを満たすか
ア要件Bの意義
イ本件でのあてはめ
ウ結論
⑶要件Cを満たす
このように、⑴〜⑶のナンバリングは、いずれも特定の条文の要件について振られています。
そのため、要件を充足するかどうかを問題にしたいときは、⑴〜のナンバリングを振ればよいとわかります。
また、要件の解釈を細かに行いたいときは、もう1つ下の階層として、ア〜ウの階層を用いています。
こうすれば、ナンバリングが狂っているようなことにはならず、各ナンバリングで並列になっており、かつ1つのナンバリングで1テーマを解決できています。


丁寧に答案構成をすると、あとから書きたいことが思い浮ぶことがやや減り、あとから思いついたことでも答案の全体の中での位置がわかりやすくなります。
すると、焦ってナンバリングが崩れてしまうようなことも減るのかなあと思っています。
(参考:答案構成をどれくらい書く?(予備試験本番の答案構成)


そして、そもそもナンバリングが崩れることを決定的におそれる必要はないのかなあと思っています。
優れた答案のナンバリングが綺麗に見えるのは、ナンバリングがうまいのではなく、答案の構成がうまいのです。
そのため、説得力のある答案を書いた上で、その答案に上述のような適切なナンバリングをすればよいだけなのです。
そこで、ナンバリングが崩れることをおそれるのではなく、優れた答案がどのように議論を進めているのかに注目しながら学習をするのが良いのではないかと感じます。







にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.判例学習と判例の射程の意識

IMG_0671

「判例学習」と一言に言っても、その内実は人によってバラバラだったりして、難しいですよね。


私がインプット教材とは別に教材を用意して判例学習をしていたのは、短答の知識の確認と、論文で判例理解を反映させた記述ができるようになる、という2つの目的のためでした。
そのため、前者との関係では、百選掲載判例のおおまかな事案と判旨のうち結論部分を確認することになりましたし、後者との関係では、判例の理由づけと当てはめを確認するようにしていました。
(後者の目的のために、いつもオススメしている判例百選スピード攻略講座が有用なのは言うまでもありません。紹介記事も参照してみてください)
(参照:アガルートの判例百選スピード攻略講座の特徴・使い方・オススメできる人)



判例の射程が問題となるときとは、事案の変動によって、判例の理由づけが妥当しなくならないとも思えるときだと思います。
そのため、基本的には事案と判旨を確認しておけば、判例の射程について意識した学習ができていることになるはずです。
......が、現実にはそう簡単にはいかないのが現実です。


個人的に、判例の射程が意識できているかが合格ラインに乗るか否かとの関係で問題となる科目として、憲法と民事訴訟法があると考えていました。
両者とも、条文解釈をすればある程度機械的に結論が出るとは言い難い科目だと感じたからです。
そこで、この2科目については副読本を用意するようにしていました。


憲法については、憲法判例の射程という、きわめて優れた参考書があります。
様々なテーマについて、リーディングケースとなる判例の解説や、複数の関連判例についての比較を通じて、判例の射程についての理解が進む、というものです。
私はこの本を愛読していて、本番もこの参考書を自分なりにまとめたものをまとめノートとして持参していました。
(参考:憲法の論証集は使えないのか(質問箱回答))




民事訴訟法については、令和2年から司法試験の考査委員に入っていらっしゃった勅使河原先生の副読本を利用していました。
こちらも、主要な論点についての考え方を整理でき、いい参考書だったと思います。









にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.百選講義受講後の重要問題習得講座の受講

IMG_0670

以前から紹介しているアガルートの判例百選スピード攻略講座に関連する質問です。
(参照:アガルートの判例百選スピード攻略講座の特徴・使い方・オススメできる人



判例百選スピード攻略講座の特徴は上の記事で紹介した通りで、重問(重要問題習得講座)とは異なる特徴があるため、重問を受講した後にも百選講義を受講する旨味は十分にあると回答していました。
それは、順序を変えても同じことなので、百選講義受講後に重問を受講しても、それぞれの特徴が被っていて困るようなことは基本的にはないのかなあと思います。


重問は、各科目のあらゆる基本的な論点についての事例問題を内容とした講座です。
伊藤塾の講座では論文マスター(問研)に対応する講座です。


予備校講義で勉強をする人は、インプットのための入門講座と事例問題の講座を取る場合が多いと思います。
そのため、百選講義受講後に重問を受講するか迷う人は、予備校中心の学習をしておらず、事例問題の講座を取ることを検討している人か、他の予備校で勉強していた人が多いのかなあと考えています。
前者の人には、特に注意点なく重問を受講することをオススメできますが、後者の人にオススメできるかどうかはなんともいえません。
既に役割の被る別の講座を受講していることがあるためです。


個人的には、事例問題の講座を複数同時並行で扱っていると、被っている箇所の存在が気になってしまいそうなので、完全に乗り換える場合を除いては取らない選択肢だとは思います。
そういった点もふまえて、各予備校の受講相談に連絡をしてみると良いのではないかと考えています。






にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.司法試験対策で辞書的に使っていた基本書

IMG_0209


大体の科目で辞書的に参照する基本書は一応持っていました。
過去問や演習書の問題を解いたときに、出てきた疑問が解説のみでは解決しないことが少なからずあったため、その解決をするためです。
(参照:基本書や判例百選は必要?司法試験・予備試験と判例・学説


とはいえ、複数の書籍を丁寧に比較して選んでいたわけではないため、その科目の対策のために一番オススメと言えるかまではなんともわかりません。
ひとまず自分が使っていたものを挙げて、その簡単な感想を添えておくこととします。
あまり基本書には詳しくないため、他の方の意見もぜひ参考にしてみてください。


●憲法 新四人組憲法
令和2年司法試験から憲法の作問担当に参加した宍戸先生を含む4人が執筆した基本書です。
特徴的なのは、審査基準論についてきわめて詳細な記述があることだと思います。
三段階審査や、それ以外の審査基準について何章もの分量が割かれているほか、それぞれの人権についての記述も保障範囲や制約について意識した章立てのもとなされています。
そのため、答案でどのような記述をするかという疑問を解決してくれることが多く、かなり重宝した一冊でした。
(参照:司法試験・予備試験における三段階審査以外の違憲審査の手法




●行政法 サクハシ
櫻井先生と橋本先生の本なので、一文字ずつとってサクハシと呼ばれている本です。
薄めの基本書で、もともと初学者のときにインプットのために通読したときから使っていました。
そういう経緯もあり、なんとなく買い替えずにいたのですが、記述量はそう多くなく、ややこしい悩みがあったときにかゆいところに手が届く感覚があったかはなんとも言えないところです。
ちょうど司法試験直前くらいの時期に憲法ガール等で有名な大島先生が出した本があり、今買うならそちらを買うかなあと感じています。





●民法 内田民法
内田先生の本を使っていました。
内田先生の民法は、典型事例つきで様々な論点を解決しているほか、実務上の難点等もあわせて解説してくださっているため、発展的な論点も含めて触れられており、困ったことがあったときはだいたい解決してくれました。
ただ、条文を起点に考える、というような記述ではない箇所も少なくなく、初学者のときに通読するような本ではないだろうな、とも思います。
そういう意味で、辞書的に使う基本書としてちょうどいい本なのだろうと感じます。
計4冊ありますが、最近改訂されたばかりの債権総論・担保物権の民法Ⅲを眺めて、相性を確かめるとよさそうです。





●商法 田中会社法
田中亘先生の基本書です。
学部の授業で指定教科書だったこともあり購入したのですが、個人的にはかなり相性がよく、改訂後も買い直しました。
詳細でやや複雑な論点にも触れながら、一貫してきわめて読みやすい文体で書かれているため、会社法の諸問題を概観する目的では大変優れた一冊だと思います。
他の人気のある基本書と比べると、相対的に薄い神田先生の本より分量に安心感があり、江頭先生の本より参照性がよいと感じます。




●民訴 リーガルクエスト
人気のあるリーガルクエストシリーズの一冊です。
民事訴訟法の基本書は、学説の対立に関する記述が相当量を占めているイメージがありますが、リーガルクエストは、相対的にはそのような箇所が少ないように感じました。
そのような対立について読み込むのは勉強にはなるのですが、試験対策との関係ではどの程度活かせるか不明だったため、この一冊を選びました。

とはいえ、基本的には百選の解説を読み込むことの方が多かったので、あまり参考にすることはなかったような気がします。




●刑法 基本刑法
これについては別で紹介しているため、リンクを貼っておきます。
かなりオススメです。
(参照:基本刑法ユーザーはなぜ多いか(質問箱回答)




●刑事訴訟法 (特になし)
私は特に刑事訴訟法の基本書を買っていませんでした。
意識して買わないようにしていたわけではありませんでしたが、多くの場面で百選を参照すれば足りたから買うのを忘れていたのだと思います。
また、形式上は演習書でありながらも、実質的には基本書同様のタッチで論点を解説している古江本(事例演習刑事訴訟法)もあったため、特に購入の必要性を感じなかったのでしょう。
対話形式のテキストがあまり好きではないので、古江本は相性がいいとは思いませんでしたが、それを差し引いてもオススメできる一冊だと思います。





概ねこのような感じです。
参考になれば幸いです。






にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

0.質問箱の回答

質問箱に来ていた質問に回答しています。
私の質問箱は、以下のリンクにあるのでまたよかったら教えてください。
https://peing.net/ja/abc_examinee


参照:質問箱の利用と記事募集

1.民法が得意だと予備試験に得意になると言えるか

IMG_0640

面白い質問です。
質問したくなる気持ちはなんとなく分かります。


実際には、民法の全科目に占める割合は、予備試験の短答においては配点ベースで全体の10%強、論文では全体の10%しかありません。
そこで、民法の得点が高いことが即座に予備試験の短答・論文の合格を意味しないことは明らかではあります。
民事実務基礎科目を含めても、高く見積もっても論文の20%程度です。
サンプルは少ないものの、ぶんせき本に付属する合格者のランク表を見ても、合格者が民法に強いと言えるかどうかはなんとも言えません。
(あえて言うならば、合格者は実務基礎科目の成績がいい傾向にあるな、と素人目には感じました。刑事実務基礎科目対策についてこちら参照)





一方で、民法の科目の特質から、民法がある程度得意になった人が論文式試験に強い状態にあることは、ままあるのかなあとも思います。
民法は、条文が豊富であることや、要件事実的発想が重要であると言われがちである(実際そうだと私も思います)ことから、条文から要件を抽出して、事案を解決する視点の重要性が理解されやすい科目だと感じます。
条文から要件を抽出して、事案を解決する視点は、実際にはどの科目でも必須のものなので、この視点を持っている受験生は、論文答案を作成する上での重要な前提を理解していることになるはずです。
そういうわけで、そのような視点の重要性を念頭に置きながら民法を学習し、民法が得意になった人は、論文答案を書く上での基礎ができているため、論文式試験にも対応しやすい、ということはありえるのではないか、と考えています。


一般に「民法を制する者は予備試験を制す」というようなフレーズは、以上のような意味で使われていることが多いように思います。
そこで、現時点で民法の論文がうまく書けないために過剰に不安になる必要はないし、他科目との学習のバランスを失するほど民法を重点的の学習をする必要もないはずです。
上記のような視点を持ちながら、民法のみならず他科目の学習をしていくと、見通しが良いのではないかなあと感じています。








にほんブログ村に参加しています。
↓クリックよろしくお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ